入れ歯のお手入れの仕方は本当にあっていますか?

入れ歯のお手入れの仕方は本当にあっていますか?

患者様
入れ歯を使っているのですが、お手入れはどのようにしたらいいですか?


先生
入れ歯は歯と同じようにプラーク(歯垢)がつきます。食後にやわらかめの歯ブラシでよく磨いてください。
ireba01
汚れがやわらかいうちは歯ブラシで落とす事が出来ますが、歯石のように硬くなってしまうとなかなか落ちません。入れ歯を傷つけないように汚れをとるには歯科医師・歯科衛生士に相談することをおすすめします。

患者様
わかりました!入れ歯洗浄剤は使った方がいいですか?
先生
普段入れ歯を磨いていても目に見えない菌が溝などにたまってしまい、汚くなってしまいます。においが落ちにくくなってくるので入れ歯洗浄剤(義歯洗浄剤)は使った方が良いです。できれば、お口の中に常にはいるものですから、毎日使って頂くことが理想です。義歯洗浄剤にはいくつか種類があり、入れ歯によって使い分けた方が良いです。今どんな入れ歯を使っていますか?
患者様
保険で作った部分入れ歯を使っています。
先生
保険の部分入れ歯でしたら『部分入れ歯用』と書いてある義歯洗浄剤なら間違いないです。それぞれの洗浄剤の説明書をよく読んで使用してください。
患者様
ものすごく汚れしまった場合も同じものを使い続ければいいですか?
先生
歯石のような硬い汚れがついてしまった場合は酸系の洗浄剤(フィジオクリーン歯石くりんなど)がよくききますが、金属やピンク色の床と呼ばれる部分が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。酵素系(部分入れ歯用ポリデントなど)の方が入れ歯に対するダメージは少なく安心して使えるのですが、その分洗浄剤としての効果は弱くなってしまいます。たばこのヤニなどのステイン(着色)に対してはアルカリ性の洗浄剤(赤ピカ)が効果あります。
患者様
なるほどー。入れ歯洗浄剤にはいろいろ種類があるんですね。知り合いがノンクラスプデンチャー(金属を使用していない義歯)を使っているのですがそれも部分入れ歯用の洗浄剤でいいのですか?

部分入れ歯

先生
実はノンクラスプデンチャーには種類がいくつかあります。たとえばバルプラストと呼ばれるノンクラスプデンチャーは「Vパワークリーン」という洗浄剤が推奨されています。「Vパワークリーン」は中性の洗浄剤で、市販の酸性やアルカリ性の洗浄剤を使ってしまうと脱色・劣化・ひびが入ることがあるため、もし市販のものを使うのであれば「タフデント」などの中性の洗浄剤をおすすめします。しかし基本は推奨洗浄剤の「Vパワークリーン」を使ってください。
患者様
洗浄剤の種類が多くてよくわからなくなってしまいそうです。
先生
酸性、アルカリ性だけでなく酵素系(部分入れ歯用ポリデント)や消毒薬系(クリーンデンチャーマックス)など様々な種類の義歯洗浄剤が販売していますので、詳しくはかかりつけの歯医者さんで聞いてみてください。
患者様
わかりました。今度聞いてみます。
先生
入れ歯を使っていないかたでもマウスピースの洗浄に義歯洗浄剤を使うこともあります。マウスピースも水で洗い流しているだけだと菌が付着してくるので最低でも1週間に1度程度は洗浄剤につけて殺菌してください。
患者様
今日はいろいろ義歯洗浄剤について教えてくださってありがとうございました。種類に気をつけてしっかりと活用していきたいと思います!