矯正治療

矯正歯科について

Orthodontics

矯正歯科とは、ガタガタの歯並びや出っ歯などを、きれいな歯並びにする治療です。歯列矯正ともいいます。歯の矯正には様々な方法がありますが、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」が一般的に知られている歯の矯正法であり、症例数や実績もあります。他にも様々な矯正方法があります。

ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付け、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる舌側矯正や、「アライナー」という透明のマウスピースを使用して約2週間毎に新しいアライナーに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させるマウスピース矯正などがあります。

他にも様々な矯正方法がありますが、その費用や治療期間、矯正による口内の違和感の感じ方なども治療方法によって様々です。「矯正をしたいけど仕事の都合上、短期間で治療を終わらせたい」、また「費用はかかってもいいから、目立たない方法で治療したいなど、矯正の治療法も目的によって選ぶ事が出来ると思います。

【1】矯正の治療方法の種類とメリット・デメリット
今あげた矯正の治療法のメリット・デメリットをあげるとまず「ワイヤー矯正」のメリットは、矯正として最も行われている方法である為、実績が豊富で治療期間も比較的短くなることです。デメリットとして考えられるのは、ワイヤーとブラケットが目立つ事が言えます。またこれはブラケットを付ける矯正方法に言えることですが、矯正中は基本的に虫歯になりやすい為、こまめなチェックが必要です。次に「舌側矯正」のメリットは、全ての装置を歯の裏側に付けて矯正を行う為、表からは矯正していることがほとんど分からないことです。デメリットは、メリットである全ての装置を歯の裏側に付けていることにより、口内の違和感が強く、歯を綺麗に並べることも技術的に難易度が高くな ります。また、治療期間も長くなる場合があり費用も通常の矯正の場合の約1.5倍かかる場合があります。「マウスピース矯正」のメリットはあらゆる矯正方法の中で最も目立ちにくく、マウスピースも取り外し式になるので口内を清潔に保つことが出来ます。デメリットは基本的に一日中マウスピースの着用が必要ですが、患者自身が行う為、マウスピースの着用をさぼる様な事が あると治療期間もながびいてしまうことです。また、マウスピース治療は歯を抜く必要などがない比較的軽い症状の場合適用出来ないこともあげれあれます。

【2】国立市での矯正歯科探し
矯正治療はその費用も高額で、期間も患者の症状によっては長くなる場合もあります。治療にかかる矯正歯科選びも慎重に行う方が良いでしょう。気になる矯正歯科の評判や口コミも選ぶ判断のひとつの基準し矯正歯科を選びましょう。今までにあげた矯正治療方法は、国立市の矯正歯科でも行っているところがあります。国立市にある「くにたち旭通り歯科」ではここで取り上げた全ての矯正方法に対応しています。デンターネットという歯科医院の口コミサイトでもその対応の良さや患者に対する説明が分かりやすく、院内も清潔感があるという書き込みが多く、高い評価を得ています。国立市での矯正歯科選びに悩んでいる事が あれば一度この矯正歯科を調べてみるのもいいかもしれません。
「国立の矯正歯科はくにたち旭通り歯科」まで