一般歯科・小児歯科

一般歯科・小児歯科

Caries Child

虫歯のメカニズム

歯には、表面にある硬い部分「エナメル質」と、エナメル質の内側 にある柔らかい部分「象牙質」があります。虫歯は、このエナメル質が歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって侵されてできます。一旦進行すると自然治癒することはなく、歯の表面に穴があき、最悪の場合歯を失ってしまうこともあります。

虫歯の原因

一般的にお口の中には、300種類以上の細菌が数え切れないほど多くいるといわれています。食後しばらくすると歯の表面に白いものが見られると思いますが、これは「食べカス」ではなく歯垢です。この歯垢1mg中には一億匹以上もの細菌が存在し、その細菌が歯を溶かす酸を作り出します。

虫歯の進行

虫歯の進行は、細菌(ミュータンス菌など)が食べカスに含まれる糖分と結びつき、酸を作ることから始まります。酸は歯の表面のエナメル質を溶かすだけでなく、さらに歯垢を歯に付着させ細菌の住処を作ります。虫歯はこれを繰り返して、エナメル質から象牙質、そして歯髄(歯の神経)へと徐々に進行していくのです。

虫歯の治療法

早めに対処すれば簡単な処置・治療ですみますが、歯の神経まで虫歯が進行してしまうと神経を取る、最悪の場合は歯を抜く、などの処置を取らざるを得ない状況になることも。そのため、早期発見・早期治療が何より大切です。くにたち旭通り歯科では、虫歯の早期発見のための定期健診や予防のためのPMTCをおすすめしています。歯が痛くなくても、違和感を覚えたらお気軽に来院いただければと思います。

【高齢者の虫歯】

虫歯というと、甘いものを多く摂取する方がなりやすいというイメージがありますが、実は高齢者の方のほうが虫歯になりやすい場合が多いのです。その条件の多くは、一般的に「年齢とともに歯ぐきが下がり、歯の根の部分が露出してくる」ということ。歯の根の部分はエナメル質で覆われていないため外的要因の影響を受けやすく、また酸に対しても非常に弱いので、虫歯になりやすいのです。そのため、若いころと同じようなケアでは、虫歯になってしまうのはこのためです。もちろん、若い方でも歯周病などになると歯ぐきが下がり、同じように歯の根の部分が虫歯になりやすくなりますので、早めのケアが大切です。くにたち旭通り歯科では、お口の中の状態が悪くなる前の予防歯科をおすすめしています。

小児歯科

くにたち旭通り歯科の小児歯科では、虫歯を治すことだけを目的としていません。虫歯予防や永久歯を正しい位置に導く処置を通して、理想的な口内環境を作ることを目標にしています。そのために、当院ではまずはお子様に歯医者さんに慣れてもらうことから始めます。歯医者さんを嫌ってしまうと、虫歯になっている場合症状が悪化してしまうことも少なくないためです。

歯医者さんに慣れたら、お口の状態を管理するためにお口の中の診査を行います。お子様の口腔内は成長に伴いどんどん変化していくので、定期的な観察で気を配る必要があるのです。口腔内の状態を比べられるように診査結果を毎回記録し、予防法・治療法に活かします。

乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいもの。お子様のお口を健やかに育くむためには、乳幼児からの処置が重要性です。当院では、そのほかにもフッ素塗布やシーラント、ご両親へのおやつ指導などの予防処置を行っています。お子様の将来のために、虫歯にならない環境作りを一緒にしていきましょう。

フッ素塗布・シーラント

フッ素塗布
フッ素は歯質を強化する働きを持っており、フッ素を塗布することで虫歯の原因である酸に対して強い歯にしてくれます。お子様の虫歯予防として効果的です。
シーラント
生えたばかりの六歳臼歯には深い複雑な溝が多く、食べカスなどの汚れがたまりがちです。この溝を歯科用プラスチックによって埋める処置が「シーラント」。食べカスがたまりにくくなり、虫歯予防に効果的です。

虫歯のメカニズム

進行 治療法
C1
エナメル質の虫歯
痛みなどの自覚症状はありません。エナメル質が溶け、黒ずみ始めます。 この段階で治療しておけば痛みもなく、治療も早く終わります。
C2
象牙質の虫歯
冷たいものや甘いものがしみます。 虫歯に侵された部分を削り、詰めものをします
C3
歯髄まで進んだ虫歯
何もしなくても激しく痛みます。 歯の神経が侵されているので、歯髄を取って被せものをする必要があります。
C4
歯根まで進んだ虫歯
神経が死んでいるため、痛みがなくなりますが、歯の根の先が化膿すると再び痛みます。 ほとんどのケースで抜歯が必要になります。歯を抜いた際には入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能を回復します